記事内にプロモーションを含みます

動画見るだけ用iPadおすすめ5選!ギガ数や画面サイズの選び方

この記事では、動画見るだけ用iPadについて書いています。

様々な用途で使えるiPad!

ゲームやアプリ、動画編集など幅が広いですよね。

しかし私のようにYouTubeやVODサービスの動画を見るためだけにiPadを持っているひとも少なくありません。

そうなると高スペックなiPadを買うのは宝の持ち腐れで無駄なお金を払ってしまいます。

iPadには様々なモデルがあり、どれを買えば良いのか悩みますよね。

そこで今回は、動画見るだけ用iPadのおすすめモデルを5つご紹介します!

動画見るだけ用iPadの選び方

ipad 動画見るだけ

動画見るだけ用のiPadを選ぶときには、次の4つのポイントを確認しましょう。

  • 画面サイズと重さ
  • ディスプレイの綺麗さ
  • ストレージ容量
  • 価格

画面サイズと重さ

まずご紹介するのは、画面サイズと重さ!

家で動画を見るときは、大画面で迫力ある映像を見たいですよね。その場合は10インチ以上がおすすめです。

逆に、通勤中の電車で見たいという人は、なるべく身軽に楽しみたいことでしょう。持ち運ぶのならコンパクトな8インチが良いです。

手に持って使用する場合は、重すぎると手に負担がかかります。手に持つ場合は500g以内のモデルがおすすめですよ。

モデルによって画面サイズや重さは違うので、どんな場面で使用するかをまず考えてみましょう。

ディスプレイの綺麗さ

動画を見るときに、画質を重視する人も多いですよね。私もどうせなら綺麗な映像で動画を楽しみたいです!

綺麗な画質で楽しみたいなら、解像度がフルHDの1920×1080以上は必要

今回紹介するモデルは全てこれを上回っているので、画質についてはストレスなく見ることができます。

より解像度が高いものを選べば、YouTube動画や映画もさらに綺麗な画質で見ることができますよ。

また、iPadには3種類のディスプレイがあります。

  1. Liquid Retina XDRディスプレイ
  2. Liquid Retinaディスプレイ
  3. Retinaディスプレイ

上から順番に綺麗な映像が楽しめます♪

Liquid Retinaディスプレイ以上になると、画面の綺麗さが段違いなので、価格は高くなりますがおすすめですよ!

ストレージ容量

ストレージは、モデルによって64GB〜2TBまで幅があります。

YouTubeなどの動画を見るだけであれば、最小の64GBで問題ありません。

人によっては、iPadに映画をダウンロードして見る場合もあると思いますが、ダウンロードしても1つ1つの容量は大きくないため、基本的には64GBでも十分です。

ただし、映画1本で1〜3GB程度なので、30本以上の映画をダウンロードする可能性がある人は64GBよりも大きめの容量を選ぶと良いでしょう。

ストレージ容量が大きいほど価格も上がりますので、動画を見るだけなら出来るだけ安く抑えたいところです。

価格

iPadは性能が優れているためどうしても高価格になります。

最安でも39,800円、最高値になると129,800円です。

自分の予算の範囲内で、必要なスペックが揃っているものを選んでください。

iPadケースや保護フィルムなど、周辺アイテムにもお金がかかります。ケースとフィルムは、どちらも約2,000円ほど。

予算ギリギリよりかは、少し余裕を持たせて選ぶことがおすすめですよ。

動画見るだけ用iPadおすすめ5選

ipad 動画見るだけ おすすめ

ここからは、動画見るだけ用におすすめのiPadを5つ紹介します。

  • iPad Pro 12.9インチ 第6世代
  • iPad Air 第5世代
  • iPad mini 第6世代
  • iPad 第10世代
  • iPad 第9世代

iPad Pro 12.9インチ 第6世代

画面サイズ12.9インチ
重さ684g
解像度2,732×2,048
ディスプレイLiquid Retina XDRディスプレイ
ストレージ容量128GB、256GB、512GB、1TB、2TB

ミニLEDディスプレイ「Liquid Retina XDRディスプレイ」を採用しており、鮮やかで綺麗な映像を楽しむことができます。

画質が良いだけではなく、スピーカーが4つ付いているのが特徴で、臨場感ある音も体験可能!

iPad Proには11インチのモデルもありますが、Liquid Retina XDRディスプレイが採用されているのは12.9インチのみ。

高画質・高音質を楽しむのなら、12.9インチを選ぶようにしてください。

ただ12.9インチというと、ノートパソコンに匹敵する大きさです。重さもあるので持ち運びには向いていません。

音質・画質にこだわりたい人におすすめのモデルです!

iPad Air 第5世代

画面サイズ10.9インチ
重さ461g
解像度2,360×1,640
ディスプレイLiquid Retinaディスプレイ
ストレージ容量64GB、256GB

iPadとiPad Proの間のスペックを持っている「iPad Air」。サイズや画質、価格のバランスが取れたモデルです。

画質はProには及びませんが、それでもLiquid Retinaディスプレイなので綺麗な液晶画面です。

スピーカーの数はProの半分の2つですが、本体の両側に1つずつ付いているので音の広がりを感じることができますよ。

私の家族がiPad Air 第5世代を使っていますが、動画を見せてもらうとすごく綺麗です。

音も画質もそれなりに良くProよりも安いので、コスパを重視したい人におすすめします。

iPad mini 第6世代

画面サイズ8.3インチ
重さ297g
解像度2,266×1,488
ディスプレイLiquid Retinaディスプレイ
ストレージ容量64GB、256GB

miniというだけあってサイズが小さいのが特徴です。

単行本と同じくらいのサイズなので持ちやすいですね。

バッグに入れて持ち運びしやすいのがメリット。通勤通学中の電車の中で見るのにはぴったりです。

小さいからと言って、画質や音質が悪いわけではありません。

こんなにパワフル。なのにミニ。」というキャッチコピーもあり、Airとほぼ同じスペックを持っています。

持ち歩く機会が多い人や、外出先でも動画を見たい人ベストバイのiPadです!

iPad 第10世代

画面サイズ10.9インチ
重さ481g
解像度2,360×1,640
ディスプレイLiquid Retinaディスプレイ
ストレージ容量64GB、256GB

続いてご紹介するのは、シンプルな機能のiPad

「せっかくiPadを買うのなら、あの機能もこの機能も欲しい」と高いモデルが欲しくなりがちです。

しかし、動画を見るだけと決めているのであれば、機能は最小限で十分

iPad 第10世代はシンプルで使いやすいので、初めてiPadを買う人におすすめです。

注目

最近は、子どもがiPadでYouTube動画を見たりオンライン学習をしたりする機会が増えています。

子どもが使う用のiPadとしてもおすすめできます。

また、iPad第10世代を1万円値下げすることが発表されました。

購入しやすい価格にもなり、初めてiPadを使う人お子さん用にぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

iPad 第9世代

画面サイズ10.2インチ
重さ487g
解像度2160×1620
ディスプレイRetinaディスプレイ
ストレージ容量64GB、256GB

先ほど紹介したiPadの1つ前のモデルです。

全iPadシリーズの中で、唯一ホームボタンが付いているのが「iPad 第9世代」。

ボタンが付いている分、画面サイズが少し小さくなっています。

ディスプレイは他のモデルよりワンランク下のRetinaディスプレイ。

スピーカーは片方にしか付いていないため、人によっては音が寂しく感じる可能性があります。

私自身が、iPad第9世代を動画見るだけ用として使用中です。画質・音質ともにレベルが下がったとは言え綺麗なので、動画を見るだけであれば十分楽しめますよ。

1つ前のモデルなので、価格もかなり安くなっていますね。

とにかく安く動画向けのiPadを買いたい人におすすめしたいモデルです。

まとめ

動画見るだけ用におすすめのiPadを5つ紹介しました。

  • 画質と音質にこだわるならiPad Pro 12.9インチ 第6世代
  • コスパ重視の人はiPad Air 第5世代
  • 持ち運ぶことが多い人にはiPad mini 第6世代
  • 初めて使う人や子ども用にはiPad 第10世代
  • 安く買いたい人はiPad 第9世代

私はiPad第9世代を使っていますが、次に買い替えるときは第10世代にワンランクアップしようと思います!

値段も下がって買いやすくなりましたし、今よりも良い音・画質で動画を楽しみたくなりました。