記事内にプロモーションを含みます

【2024年版】学生がiPadを安く買う方法13選!学割を使うときの注意点

ipad 安く買う 学生

この記事では、学生がiPadを安く買う方法について書いています。

スタイリッシュでおしゃれなiPadは、勉強にも趣味にも使えて便利ですよね。

欲しいけれど定価が高いうえにあまり安売りされないので、購入を戸惑う人も多いでしょう。

でも学生なら新品のiPadを10%OFFで買えたり、キャンペーンの活用で実質20,000円以上お得に買える可能性がありますよ。

学生なら絶対に活用するべき方法です。

今回は学生がiPadを安く買う方法注意点について、ご紹介します。

Apple公式
学生向けストア
iPadのモデルにより異なるが5〜10%OFFで購入できる。
「新学期を始めよう」キャンペーンならAppleギフトカード還元もあり。
学生で新品が欲しい人ならおすすめ。
Apple認定
整備済製品
新品同様の製品が最大15%引きで購入可能。
在庫が少ないため見つかればラッキー。
購入を急がない人は在庫が出てくるのを待つのもあり。
Amazon正規代理店のため安心。
タイムセールでiPadが割引になることも。
セールとポイントアップキャンペーンの併用でかなりお得になる。
Amazonプライム会員の人におすすめ。
家電量販店Apple製品は5%還元が多いが、キャンペーンを活用すればもっと高還元が狙える。
実物を見て買いたい人におすすめ。
楽天リーベイツApple公式ストアの買い物を楽天リーベイツ経由すれば、最大6%還元あり。
Apple公式ストアで買いたいなら登録して損はない。
中古ショップ保証がしっかりしたショップを選べば、コスパよく購入できる。
新品にこだわらない人におすすめ。

学生がiPadを安く買う方法

ipad 安く買う 学生

学生がiPadを安く買うには、以下の方法があります。

  • Appleストアの学割を利用する
  • Appleの初売りを利用する
  • Apple認定整備済製品を購入する
  • Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングで購入する
  • Amazon整備済み品を購入する
  • 家電量販店で購入する
  • キャリアショップで購入する
  • 楽天リーベイツ経由で購入する
  • 中古ショップで購入する
  • コストコで購入する

Apple公式の学生向けストアを利用する

Apple Store for Education
参照:公式サイト

Appleの学生向けストアであるApple Store for Educationなら、学割価格で購入できます。

割引率はiPadのモデルにより異なりますが、およそ5〜10%OFFに。

学生といっても、以下のように様々な範囲の人が対象になります。

  • 大学、高等専門学校、専門学校の学生
  • 上記の教育機関に進学が決定した学生
  • 大学受験予備校の学生
  • 小·中·高·大学·専門学校の教職員やPTA
  • 大学、高等専門学校、専門学校、大学受験予備校生の父母(代理購入)

高校生でも進学先が決まっていれば学割対象になるので、大学入学まで待たなくてもお得にiPadを購入できますよ。

教職員やPTA役員も学割が使えるので、該当する人はぜひ活用してください。

更にApple Store for Educationでは、毎年「新学期を始めよう」キャンペーンが行われています。

学割価格に加えて、更に最大24,000円分のAppleギフトカード還元があるという嬉しすぎるキャンペーンです。

iPad Airなら、定価92,800円が実質65,800円で購入可能!

毎年2月上旬~4月頃に行われているようなので、新学期前の購入を考えている方はぜひチェックしてくださいね。

Apple Store直営店で学割を利用する

Apple Store直営店でも、学割価格でiPadを購入できます。

オンラインでの購入と違い、Apple Store直営店では現金払いもできるのがメリット

クレジットカードなどを持っていない人でも購入しやすいですね。

更にApple Store直営店は実物を手に取って見られるので、サイズ感使いやすさを確かめてから購入できます。

使い方や設定方法が分からない場合でも、スタッフが親切に教えてくれます。

Apple Store直営店でも、学割や「新学期を始めよう」キャンペーンは行われているので安心してください。

直営店で購入する場合、学割対象者の証明となる学生証や入学許可証などを忘れないようにしましょう。

Apple Store直営店は店舗数が少ないですが、以下の都道府県にあります。

  • 東京都:銀座店、丸の内店、新宿店、渋谷店、表参道点
  • 神奈川県:川崎店
  • 京都府:京都店
  • 大阪府:心斎橋店
  • 愛知県:名古屋栄店
  • 福岡県:福岡店

iPadの操作方法を教えてほしい人や、当日にiPadを持ち帰りたい人は店舗で購入するのがおすすめです。

Appleの初売りを利用する

Appleは例年1月2日ごろに、Apple公式ストアApple Store直営店で初売りを開催しています。

一般的な初売りと違い値段が安くなるわけではなく、Appleギフトカードの還元となることに注意。

還元額は商品によって違いますが、iPad Air(第5世代)なら今年は最大11,000円分のAppleギフトカードがもらえたようです。

実質81,800円で購入できる計算になりますね。

Appleギフトカードは使用期限がないので、次回以降のお買い物を必ず安くできますよ。

しかし学割対象者は初売りよりも、学割+「新学期を始めよう」キャンペーンを利用するほうが安く購入できることが多いです。

  • 学割対象の製品:Mac、iPadのみ
  • 初売り対象の製品:ほとんどの製品

学割対象者で購入したいものがMacやiPadなら学割+「新学期を始めよう」キャンペーンを利用、それ以外なら初売りを利用するのがいいでしょう。

Apple認定整備済製品を購入する

Apple公式サイトでは、Apple認定整備済製品が販売されています。

Apple認定整備済製品とは、Apple認定の整備プロセスで検品された新品同様の製品のこと。

ほぼ新品の製品が最大15%引きで購入できるので、とってもお得。保証期間も新品と同じ1年間です。

しかしApple認定整備済製品は在庫があまりないため、いつでも購入できるとは限りません。

在庫を見てみて、欲しいiPadが販売されていたらラッキーぐらいの気持ちで探してみましょう。

Amazonで購入する

AmazonはApple製品の正規代理店です。

そのため公式ストアと同じ物を安心して購入できます。

Amazonで購入するメリットは、年間を通してセールが多いこと。

Amazonのセール一覧

1月初売りセール
3月新生活セール
4月GWセール
6月夏先取りセール
7月プライムデー(プライム会員限定)
9月季節先取りセール
10月プライム感謝祭(プライム会員限定)
11月ブラックフライデー
12月年末の贈り物セール

上記のセール以外にも毎日タイムセールが行われたり、不定期でタイムセール祭りが開催されたりします。

タイムセール祭りでは突然iPadが割引になることもあるので、安くなっているのを発見できればラッキー。

iPad Air(第5世代)が、14%OFFの79,600円で販売されたこともあったようです。

Amazonの「ほしい物リスト」機能を使えば、タイムセールが始まったときに通知してくれるので便利ですよ。

またプライムデーやプライム感謝祭、ブラックフライデーなどの大型セールでは、ポイントアップキャンペーンが同時開催されます。

セールの割引とポイントアップキャンペーンの還元を合わせれば、かなり大きな還元に。

ポイントアップキャンペーンの還元率をあげる方法
  • Amazonプライム会員になる:2〜2.5%アップ
  • Amazon公式アプリからの購入:0.5%アップ
  • Amazon Mastercardで支払う:一般会員で2.5〜3.5%、プライム会員で3〜3.5%アップ

特にプライム会員と、Amazon Mastercardの支払いは還元率が高いのでとてもお得です。

Amazon Mastercardは年会費が永年無料なので、持っていない人はこの機会に作成するのもおすすめ。

普段からAmazonの買い物が多かったり、Amazonプライム会員の人はAmazonでの購入が一番お得になるでしょう。

最短翌日に届く♪

Amazonを見てみる

楽天市場で購入する

楽天市場はポイント還元が大きいのが特徴。

楽天関連のサービスを使っている人は、楽天スーパーポイントアッププログラムの倍率が高まるため、高還元でポイントをゲットできます。

また以下のセールと組み合わせれば、更にポイント還元を増やすことができます。

1月初売りセール
3月楽天スーパーセール
5月GWセール
6月楽天スーパーセール
9月楽天スーパーセール
11月楽天ブラックフライデー・楽天イーグルス感謝祭
12月楽天スーパーセール・楽天大感謝祭
1~2ヵ月に1回お買い物マラソン

特に3・6・9・12月開催の楽天スーパーセールはかなりお得。

商品が10%OFFになっていたり、最大11倍のポイント還元がもらえる可能性があります。

複数のお店で買うほど高還元でポイントがもらえるので、欲しかったものはiPad購入のタイミングでまとめて買うのがおすすめです。

注意したいのが、楽天市場はAppleの正規代理店ではないという点。

非正規店による販売なので「信頼できるショップか」「保証期間は適切か」などを見極めて購入するようにしましょう。

普段から楽天関連サービスを利用している方や、非正規店の販売でも構わない方は、楽天市場の購入はおすすめです。

\お買い物マラソン実施中♪/
楽天市場

お得なポイント制度が魅力♪

楽天市場を見てみる

Yahoo!ショッピングで購入する

Yahoo!ショッピングでは、様々なキャンペーンやセールが行われています。

Paypayポイントをためている人は、お得に購入できます。

1月新春セール
3月超PayPay祭
7月超PayPay祭
11月超PayPay祭
12月年末大感謝祭
毎月1日
毎月5・15・25日
毎週日曜日
不定期
ファーストデイ(ポイント+3%)
5のつく日キャンペーン(ポイント+4%)
プレミアムな日曜日(ポイント+4%)
さん!さん!キャンペーン(ポイント+3.3%)
ハッピーアワー(ポイント+4%)

特に3・7・11月ごろに開催される超Paypay祭りは、Paypayポイントが最大25.5%還元されるチャンス

事前の買い物が必要などの条件はありますが、こんなに多く還元されるのは嬉しいですよね。

Paypayポイントは使えるところも多いので、使い道にも困りません。

PaypayとLINEを連携すれば毎日5%ポイントが還元されるので、PaypayユーザーでLINE連携がまだの人は済ませておきましょう。

Yahoo!ショッピングではApple公式ストアよりも、10,000円以上安く売られている商品もあります。

商品購入で得られるPaypayポイントを「今すぐ利用」で更に安く購入できるので、ポイントを支払いに当てて金額を安くしたい人におすすめな方法です。

ただしYahoo!ショッピングも楽天市場と同様に、Appleの正規代理店ではありません。ショップの口コミや保証期間などは必ず確認しましょう。

普段Paypayポイントをためていて、非正規店の販売でも構わない方はYahoo!ショッピングはお得に購入できるでしょう。

Paypayで更にお得♪

Yahoo!ショッピングを見てみる

Amazon整備済み品を購入する

Amazonでは、Amazon整備済み品のiPadが販売されています。

一見似ていますがApple整備済み品とは違う物なので、注意してください。

Amazon整備済み品とは、Amazon認定出品者により専門的に検査、クリーニング、整備された製品のこと。

部品は純正品でなく互換品を使用していますが、80%以上の最大バッテリー容量があり、180日間の保証がついています。

外見やスクリーンの状態から「非常に良い状態」「良い状態」「可」の3つに分類されて販売されています。

「非常にいい状態」は見た目も新品同様なので、純正部品にこだわらない人にはおすすめ。

180日以内なら不具合があれば交換や返金ができますが、正規品の1年保証と比べると保証期間は短いので気を付けましょう。

家電量販店で購入する

家電量販店は、iPadを実際に触ってから購入できるのがメリットです。

サイズやカラーを確かめてから購入できるので、「思っていたのと違った」という後悔を防げるでしょう。

多くの家電量販店はAppleの正規代理店となっているので、品質保証安心です。

家電量販店ではApple製品の値下げはほとんどありませんが、家電量販店のポイントがたまる分お得に購入できます。

ヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラなどのポイント還元率はどれも5%。

Apple製品のポイント還元率は、お店のポイント還元率よりも低く設定されていることが多いので注意が必要です。

キャンペーンなどがあれば還元率が高くなることもありますので、普段利用している家電量販店の情報をチェックしましょう。

ネットショップほどのポイント還元がないのが少し残念ですが、実物を見てから購入したい人や、家電量販店で今後も買い物をする予定のある人はおすすめです。

また、家電量販店はセール時期があります。ぜひセール時期にiPadを購入してくださいね!

キャリアショップで購入する

docomo、au、SoftbankなどのキャリアショップでもiPadを購入できます。

各キャリアごとのキャンペーンを利用すれば、お得に買えるチャンス。

各キャリアのお得なキャンペーンは以下の通りです。

ドコモ
いつでもカエドキ
プログラム
24回の分割で購入すると、23回目までの分割支払金が安くなる。
23回目までに今まで使っていたiPadを返却すれば、24回目の支払いが免除される。
iPadの最新モデルを定期的に買い替えたい人にはお得。
au
下取りプログラム
iPadを下取りに出すと買い取ってくれるキャンペーン。
Pontaポイントで還元される。
ソフトバンク
新トクするサポート
48回の分割で購入し25ヶ月目以降に返却すれば、返却以降の支払いが免除されるキャンペーン。
iPadの最新モデルを定期的に買い替えたい人にはお得だが、返却が遅れてしまうと追加料金がかかる。

特にdocomoとSoftbankは、最新モデルをお得に使えるキャンペーンがあります。2年を目安に新しいiPadに替えたい人にはおすすめです。

キャリアショップでiPadを購入するときに注意したいのは、「Wi-Fi+Cellularモデル」のみの取り扱いということ。

Wi-Fi+Cellularモデルとは、スマホのようにWi-Fiがなくてもモバイル通信できるモデルのことです。

スマホのようにどこでも使えるようにしたい人は、Wi-Fi+Cellularモデルが必要ですが、Wi-Fiのある環境でしか利用しない人は、Wi-Fi+Cellularモデルを選ぶ必要はありません。

本体代も割高ですので、使用用途をよく考えて購入すべきでしょう。

モバイル通信も使いたい人や、2年ごとに最新のiPadが欲しい人はキャリアショップの購入をおすすめします。

Apple公式ストアを楽天リーベイツ経由で購入する

楽天リーベイツとは楽天が運営するポイ活サイトのことです。

楽天リーベイツを経由してApple公式ストアで商品を購入すれば、楽天ポイントが還元されます。

通常のポイント還元率は1.5%ですが、Apple公式学生向けストアの「新学期を始めよう」キャンペーン中に購入すれば、6%の還元を受けられることも。

iPad Air(第5世代)定価92,800円を購入の場合、5,568円分のポイントが得られます

「新学期を始めよう」キャンペーンですでにお得なのに、5,568ポイントも追加でもらえるのはとても嬉しいですよね。

Appleストアで通常のお買い物をしても、リーべイツを経由するだけで1.5%のポイントがもらえるのでお得。

Apple認定整備済み製品を購入した場合でも、ポイントはもらえますよ。

無料で利用できるので、登録がまだの人はぜひ登録しておきましょう。

ポイ活で更にお得♪

楽天リーベイツ

中古ショップで購入する

新品は手が届きにくいという人は、中古ショップで購入するのもおすすめです。

iPadを中古で購入する際のメリット・デメリットは以下の通り。

メリット

  • 安くiPadを購入できる
  • 型落ち品も購入できるため種類が豊富
  • 掘り出し物が見つかる可能性あり

デメリット

  • ショップの保証内容に注意が必要
  • iPadOSのサポート対象外の物は、iPhoneの連携などで不具合が出る可能性あり

中古品のメリットはやはり安く購入できるということでしょう。

動画を見たりネットサーフィンをするぐらいなら、中古品でも問題ない場合がほとんどです。

ショップによっては掘り出し物が見つかる可能性もあるので、コスパよく買いたいなら中古ショップは狙い目です。

しかし保証については、購入する際にしっかり調べる必要があります

新品のiPadは購入日から1年間は保証がありますが、中古の場合保証期間が過ぎている可能性があります。

修理費用が自己負担になる可能性があることは、知っておきましょう。

中古ショップによっては独自の保証を付けているところもあります。

保証のある中古ショップは以下のものがあります。

イオシス中古品は3ヵ月、未使用品は6ヵ月の保証期間あり
ゲオ
オンラインストア
30日間保証あり
ソフマップ10日以内なら返金可能。
1か月以内なら初期不良対応可能。
プラン加入で中古品でも5年保証あり。
カメラのキタムラ90日以内なら交換可能

万が一の時に返金や交換に応じてくれるショップを選ぶほうが安心ですよ。

最新のiPadにこだわらない人や、中古でもいいからコスパよくiPadを購入したい人は、中古ショップの購入がおすすめです。

コストコで購入する

コストコでもiPadが販売されており、Apple公式ストアより5%程度安く販売されています。

更にApple Saving Event!という、アップル製品を安く買えるセールが不定期で開催されます。

過去にはiPad Air(第5世代)が、8,000円以上お得になっていたことも。

Apple製品のセールは滅多にないようですが、タイミングがあえばラッキー。

開催日程はコストコメールマガジンで配信されるので、会員の人は情報を待ってくださいね。

製品保証はコストコの購入日から1年間、更に90日以内なら自己都合でも返品可能です。

コストコはAppleの正規販売店なので、品質も安心ですね。

会員でないと値段が見られなかったため実店舗と値段の差があるのか不明ですが、コストコ会員の人は覗いてみるといいかもしれません。

コストコ会員の人はポイントもたまるため、コストコでの購入がおすすめです。

学生がiPadを買う時の注意点

Apple公式ストアで学割でiPadを購入するときの注意点について紹介します。

学割で購入には個数制限がある

学割で購入する製品は、個数制限があります。

  • デスクトップ:1年間に1台まで
  • Mac mini:1年間に1台まで
  • ノートブック:1年間に1台まで
  • iPad:1年間に2台まで
  • アクセサリ:学生・教職員価格のアクセサリは1年間に2つまで

Apple Store直営店でも個数制限は同じです。

しかしデスクトップ1台+iPad2台のように、カテゴリが違うなら複数台購入することができます。

台数制限は毎年4月にリセットされるので、学割期間中に複数購入を考えている人は覚えておきましょう。

身分を偽って購入した場合損害金が課される

身分を偽って学割で購入した場合、Apple Storeプライスに基づいた差額や損害金の支払いが課されます。

場合によっては法的措置が取られる可能性もあるので、身分を偽るのは絶対にやめましょう。

転売禁止

学割で購入した商品は、一年間は利益を上乗せして転売できません。

シリアル番号などでバレる可能性があるので、利益目的の悪用はしないようにしてください。

まとめ

iPadを安く購入する方法について紹介しました。

  • Apple公式の学生向けストアは5~10%OFFで販売中。キャンペーンもあり。
  • Apple認定整備済製品は15%OFFで買える
  • Amazonは正規代理店であり、タイムセールで割引になることも
  • 家電量販店はポイント還元は同じなので、よく利用するお店で購入を
  • キャリアショップはモバイル通信したい人にはおすすめ
  •  楽天リーベイツ経由でApple公式ストアの購入がお得
  • 保証のある中古ショップはコスパがいい

iPadは学生ではなかなか手が届きにくい値段ですが、安く買う方法はたくさんあります。

上記に紹介した方法をぜひ活用してください。