記事内にプロモーションを含みます

【2024年版】ルーターはエレコムとバッファローどっちがいい?おすすめ機種を比較!

ルーター エレコム バッファロー どっちがいい

この記事では、ルーターはエレコムとバッファローどっちがいい?について書いています。

ルーターは、自宅でインターネットを使う際に必須の家電です。

近年では、リモートワークやオンライン学習、IoT家電の普及などにより、自宅でのネット環境が注目されるようになっています。

しかし、さまざまなメーカーからルーターが販売されており、どれを買えばいいか迷いますよね。

そこで今回は、人気メーカーの「エレコム」と「バッファロー」の特徴を徹底比較!

ルーターはエレコムとバッファローどっちがいいのか紹介していきます。

ルーターはエレコムとバッファローどっちがいい?

ルーター エレコム バッファロー どっちがいい

それでは早速、ルーターはエレコムとバッファローどっちがいいのか紹介します。

結論からいうと、

「コスパの良さ」「セキュリティ面」を重視するならエレコム

「設定の手軽さ」「メッシュWi-Fi」を重視するならバッファローがおすすめです。

両社はどちらも、日本のメーカーという安心感があり、サポート体制も充実しています。

また、最新規格のWi-Fi6E・Wi-Fi6対応モデルをはじめ、最新の機能を搭載した豊富なラインナップを展開しています。

ルーターの選び方として、以下の最新機能が備わっていると便利です。

  • Wi-Fi6(11ax):最新のWi-Fi規格。速度の向上と複数端末での安定した通信を実現。
  • IPv6:最新のインターネットプロトコル規格。混雑が少なく快適な通信を実現。
  • ビームフォーミング: Wi-Fi接続している端末へ向かって電波を送信。
  • メッシュ機能:ルーターを各部屋に設置して、家中にネットワーク網をつくる機能。
  • バンドステアリング:混雑の少ない周波数帯へ自動で誘導する機能。
  • MU-MIMO:複数端末での同時通信を可能にし、快適な通信を実現。

最新技術を取り入れた高性能ルーターを展開する両社ですが、細かく比較するとそれぞれの違いが分かります。

両社の特徴をしっかり理解すれば、あなたに合ったルーターを選ぶことができますよ。

エレコムの特徴

バッファロー エレコム 比較

エレコムは、大阪に本社を構える大手IT機器メーカーです。

パソコン周辺機器をはじめ、タブレットなどのデジタル機器の開発・販売など幅広く展開しています。

そんなエレコムのルーターの特徴は4つ!

  • コスパの良さ
  • 通信速度に定評あり
  • メッシュWi-Fi対応は少ない
  • セキュリティ機能が充実

エレコムのルーターは、価格の安いエントリーモデルの通信速度に満足する声が多く、コスパの良さが特徴といえます。

また、エントリーモデルに限らず、通信速度を評価する声が多数見られます。

高画質な動画配信サービスをよく見る方や、大容量のデータをダウンロードする機会が多い方におすすめです。

一方、メッシュ機能を搭載している機種が少なく、家中に高速通信のネットワーク網をつくるメッシュWi-Fiを構築したい方には向かないでしょう。

現行モデルでは、Wi-Fi5対応モデルの3機種のみがメッシュWi-Fiに対応しています。

メッシュWi-Fiを検討している方は、次にご紹介するバッファローをチェックしてみてください。

エレコムのもう1つの特徴は、セキュリティ機能が充実していることです。

エレコムのルーターには、次の2つのどちらかが必ず搭載されています。

  • トレンドマイクロ社の「スマートホームネットワーク」
  • エレコム独自の「セキュリティーWi-Fi」
注目

スマートホームネットワーク」は、外部からの不正アクセス等をブロックする機能により、情報漏洩などを防ぐことが可能です。

セキュリティーWi-Fi」は、仕事とプライベートで通信を分離することで、テレワークで大切なデータを取り扱うリスクを軽減します。

通信速度とセキュリティ機能の充実が、エレコムのルーターの特徴です。

ただ、エレコムのルーターには「Wi-Fiが頻繁に切れる」という口コミもあります。

不具合がある場合は、電話・チャット・LINEでの問い合わせや、1年間無償修理などの対応がある「エレコム製品サポート」を活用しましょう。

バッファローの特徴

バッファロー エレコム

バッファローは、大手のパソコン周辺機器メーカーで、ルーターやストレージなどの周辺機器を幅広く展開しています。

そんなバッファロールーターの特徴は4つ!

  • 国内トップの販売台数
  • 初期設定が手軽にできる
  • メッシュWi-Fi対応モデルが多い
  • 安定した高速通信に対応

バッファローの1番の特徴は、ルーターの販売台数が国内トップということです。

全国の家電量販店での販売台数は、2022年度まで21年連続1位。

Amazonをはじめとする大手通販サイトでも、売れ筋ランキングの上位に複数台が入っています。

また、初期設定が手軽にできることも魅力です。

ボタン操作だけで無線設定を引き継げる「無線引っ越し機能」、QRコードの読み取りで設定ができる「QRsetupアプリ」など、難しい操作なしで設定できます。

実際に利用した方からも、設定の手軽さは好評です。

さらに、バッファローのルーターからの買い替えなら、SSID以外のプロバイダー接続情報などもまとめて引き継げる「スマート引っ越し機能」が利用できます。

また、メッシュWi-Fi対応モデルが多いことも特徴です。

バッファローのメッシュ機能「Easy Mesh」には、複数端末での通信を快適にする以下の技術も搭載されています。

  • 電波がつながりやすい通信経路を自動選択する技術
  • 無線の再接続を速くする技術

家族それぞれが家電を使っていても、スムーズな高速通信が可能です。

「Easy Mesh」はWi-Fi6対応の全機種に搭載されており、エントリーモデルからハイパフォーマンスモデルまで、ご自宅の環境に合ったルーターを選べます。

また、現行モデルのほとんどがワイドバンド・ハンドステアリング・MU-MIMOなどの複数端末での通信を安定させる機能を搭載しています。

そのため、たくさんの端末をインターネットにつなぎたいご家庭に最適です。

バッファローのルータは、設定の手軽さメッシュWi-Fi機能の充実が特徴です。

ただ、「勝手に接続が切れる」という評判も見受けられます。

バッファロー公式ツイッターでサポート情報が発信されているため、通信が不安定な場合は活用してみてください。

エレコムのルーターがおすすめなのはどんな人?

ルーター エレコム バッファロー 比較

各メーカーの特徴を伝えられても「結局どっちがいいの?」と悩む方も多いですよね?

ここからは、どんな人がオススメなのか紹介していきたいと思います

エレコムのルーターがおすすめの人
  • コスパを重視する人
  • セキュリティ面を重視する人
  • 通信速度を求めている人
  • メッシュWi-Fiは必要ない人

エントリーモデルの高速通信に定評のあるエレコムは、コスパを重視する方におすすめです。

また、テレワークが多いなどで、セキュリティ面を重視する方にも向いています。

エレコムは通信速度の評判が良いため、通信速度を求める方もエレコムをチェックしてみてください。

メッシュWi-Fi対応モデルはラインナップが少ないため、バッファローなど他社のルーターを選ぶと良いですね!

一戸建てにおすすめ10G回線対応ルーター|WRC-X6000XS-G

10Gbps対応のWANポートを搭載し、超高速通信を実現するルーターです。

光回線サービスの速さをフル活用でき、4K・8K動画の再生や大容量データのやりとりも快適に行えます。

処理能力を左右するCPUには、4つのコアで処理するクアッドコアCPUを採用。

複数端末での接続を高速処理できるため、IoT家電の利用や、家族それぞれが通信を利用しても、遅延なく楽しむことができます。

また、中継機機能も搭載しているため、電波が届きづらい場合はWi-Fiルーターを追加して、中継機としての利用も可能

中継機モードには「離れ家モード」も搭載しており、屋外での利用が法的に認められた帯域を利用することで、離れ家でも高速通信を利用できます。

さらに、仕事とプライベートで通信を分離できる「セキュリティーWi-Fi」を搭載。

ご自宅でリモートワークをする際のウイルス感染や情報漏洩のリスクを軽減できます。

OFDMAをはじめ高速通信を安定させる機能がひととおり揃っており、一戸建てでの利用に不足のない高性能ルーターです。

口コミでは、高速光回線に対応した10Gポートが好評です。

一戸建てで光回線の導入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

マンションにおすすめWEB会議向きルーター|WRC-X3200GST3-B

優先したい通信を指定できる「らくらくQos機能」搭載のルーターです。

WEB会議やオンライン学習など、途切れさせたくない通信を指定して優先的に電波を届けられるため、テレワークが多いご家庭におすすめ。

優先する通信は、ビジネス関連以外にもオンラインゲームや動画サービスなどへの変更も可能です。

最大速度は5GHz帯2402Mbps・2.4GHz帯800Mbpsのハイスペック。

エレコム独自の測定では、3階まで離れても700Mbpsオーバーの速度を実現しており、3LDK・4LDKのファミリーマンションでも安定した通信が期待できます。

さらに、混雑帯域を回避するバンドステアリング、複数台接続での遅延を軽減するMU-MIMOなどにも対応しているため、ご家族での利用も快適です。

また、セキュリティ機能の充実も魅力。

トレンドマイクロ社と協業したセキュリティを搭載し、テレワークでの情報漏洩やお子さまの有害サイトへのアクセスを防止できます。

利用者の声では、高速通信に満足する方や、ネット環境が安定したという声も多いですね♪

テレワークやオンラインゲームなど、優先的に通信を強化したいコンテンツがある方はぜひチェックしてみてください。

一人暮らしにおすすめ1LDK対応ルーター|WRC-X1800GS-B

広めのお部屋での一人暮らしにおすすめのルーターです。

2本+2本のアンテナを搭載し、規定値の最大速度は5GHz帯1201Mbps・2.4GHz帯574Mbpsと1人で使うには十分なスペック。

エレコム独自の測定値では、1LDKマンションのリビングから離れた場所でも約190Mbpsを実現しています。

接続台数は最大26台で、MU-MIMOをはじめ複数端末での通信を安定させる機能も充実しているため、スマホだけでなくタブレットやゲーム機なども快適に使えます!

また、設定が苦手な方にうれしい「かんたん設定機能」も搭載。

アプリのインストールや難しい設定が不要で、LANケーブルを接続すると自動で回線を判別し、すぐにネットを利用できるようになります。

買い替えの際は「らくらく引っ越し機能」によって利用中のルーターのWi-Fi設定をコピーできるため、複数端末を1台ずつ設定し直す手間がありません。

利用者の声では、レスポンスが速くなったと高評価です。

一人暮らしで高速通信ができるルーターを探している方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

バッファローのルーターがおすすめなのはどんな人?

バッファローのルーターがおすすめの人
  • 人気の高いルーターが欲しい人
  • メッシュネットワークを検討している人
  • デジタル機器の設定が苦手な人
  • バッファローのルーターからの買い替えの人

バッファローのルーターは多くのネット通販サイトで売れ筋上位にランクインしており、人気の高いルーターが欲しい方におすすめです。

また、Wi-Fi6対応モデルはすべてメッシュWi-Fiに対応しているため、メッシュネットワークを検討している方にもおすすめ。

初期設定が簡単との評判が多く、デジタル機器の設定が苦手な方にも向いています。

現在バッファローのルーターを使っている方なら、より簡単に設定の引き継ぎができますよ。

一戸建てにおすすめハイパワールーター|WXR-5700AX7S

3軸方向に回転する外付けアンテナ搭載のハイパワールーターです。

アンテナの向きによって前後・左右・上下の特定方向へ強力な電波を届けられるのが魅力。

4本+3本のアンテナと、Wi-Fi6・IPv6対応、最大速度4803(5GHz帯)+860(2.4GHz帯)Mbpsというハイスペック。

推奨環境は一戸建てなら3階建、マンションなら4LDKまで対応しています。

接続台数は、最大32台までの利用が可能。

バンドステアリングやMUMI-MOなど同時接続を安定させる機能が充実しているため、家族でインターネットを利用しても、高速で低遅延な通信が期待できます。

さらに、10Gbpsの光回線「フレッツ光クロス」に対応し、オンラインゲームや4Kの高画質映像も快適に楽しめます。

ルーターのWi-Fi設定には「無線引っ越し機能」を搭載。

古いルーターと新しいルーターのボタンを押すだけで引き継ぎできるため、スマホやパソコン、ゲーム機などの端末をひとつずつ設定する手間がありません。

利用者の評判では、通信速度が速いという声が多数見受けられます。

一戸建てにお住まいで、たくさんの端末をつなぎたいご家庭の方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

\年に一度のプライムデー開催中♪/
Amazon

マンションにおすすめ低価格ルーター|WSR-5400AX6S

高性能ながら低価格でコスパのいいルーターです。

Wi-Fi6に対応し、4本+2本のハイパワーアンテナと、最大速度4803+573Mbpsのハイスペックにより、部屋の隅々まで電波を届けます。

安定した周波数帯へ自動で切り替える「バンドステアリングLite」搭載のため、ファミリーマンションでの利用におすすめです。

さらに、OFDMA、MU-MIMO、IPv6などにも対応しており、複数端末でのインターネット利用も安定した高速通信が期待できます。

また、セキュリティ機能が1年間無料で使えるのも魅力。

独自の「ネット脅威ブロッカー」機能によって、個人情報の流出や外部からの不正アクセスなどを防ぐため、テレワークでの大切なデータの取り扱いも安心です。

電波が届きづらい部屋がある場合には、メッシュ機能「Wi-Fi Easy Mesh」も活用できます。

ルーターを追加して家中にメッシュネットワーク網をつくれば、離れた部屋でも安定した高速通信でインターネットを楽しめます。

利用者の評判では、高速通信の快適さに満足する方や、価格の安さを評価する方が多いですね!

リーズナブルで高性能なルーターを探している方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

一人暮らしにおすすめ小型ルーター|WSR-1500AX2S

小型で壁への取り付けもできるルーターです。

ワンルームなどの設置スペースが限られている部屋にお住まいの方におすすめ。

エントリーモデルながらWi-Fi6に対応しており、最高速度が1201(5GHz帯)+300Mbps(2.4GHz帯)と、1人で高画質な動画配信サービスを見るには十分な性能

ビームフォーミング機能によって、端末の位置を検出して電波を届けることが可能なため、スマホでの動画視聴も快適に楽しめます。

また、アクセス集中の影響を受けづらいIPv6にも対応し、夜間の利用でも遅滞なく通信できます

買い替え時の設定には、「無線引っ越し機能」を採用。

スマホやタブレットなど各端末の再設定をすることなく、ルーターのAOSS/WPSボタンを押すだけで無線設定を引き継ぐことができます。

さらに、インターネット接続手順の案内動画付きのため、初めてでも簡単に設定できます。

広い家に引っ越したら、ルーターを追加してメッシュ機能を利用することもでき、長く使い続けることができるルーターです。

また、セールでは価格が5,000円以下のときもあり、安いルーターを探している方にもおすすめです。

一人暮らしでお手頃価格のルーターを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

インターネット環境は日々進化しており、ルーターも高性能な機種が増えてきています。

エレコムもバッファローも高性能なルーターを多く展開し、どちらを選んでも快適な通信環境を実現できます。

両社とも魅力的な製品がたくさんありますが、それぞれの違いを理解すると、理想のネット環境をつくることができます。

セキュリティ面や通信速度を重視するならエレコムがおすすめ。

家中をメッシュWi-Fiでつなぎたい方や、設定が苦手な方にはバッファローがおすすめです。

ぜひご自宅の環境に合ったルーターを見つけて、スムーズなネット環境を手に入れてくださいね。